【 大阪天満宮で出会った「梅香る 咲き守り(さきまもり)」 】

【 大阪天満宮で出会った「梅香る 咲き守り(さきまもり)」 】

DSC07068 (1)

6月4日(土)~6日(月)は大阪へ遠征。
宿泊先がなかなか取れなかった中で、唯一ポッと空いていたのが大阪天満宮近くのホテル。
直感で、ここに行くためにこのホテルになった!と思ったので、大阪天満宮だけは立ち寄ろうと決めていました。

▼ 大阪天満宮
http://www.tenjinsan.com

あまりゆっくり時間がとれなかった中で、パッと見てから気になって仕方がなかったのが
「梅香る 咲き守り」

これを見てイメージしたのが、実家の庭にあった梅の木。
私が3歳の時に実家を新築してからずっと、お茶の間から見える場所で、一緒に成長し続けてきた梅の木。
毎年今ごろは、実った梅で梅酒を仕込んだりしていたな~。

一方で、私の故郷・山形県鶴岡市では、毎年5月25日に「鶴岡天神祭」という学問の神様・菅原道真公を祀る鶴岡天満宮のお祭りがありました。
だから、「天満宮」も「天神様」も非常になじみがあるのです。
▼ 鶴岡天神祭
http://www.tsuruokakanko.com/season/tenjin/index.html

また、大阪天満宮の「梅香る 咲き守り」の台紙に記載されていたメッセージも良かった!!

「天神様に縁(ゆかり)のある、梅の香が漂うお守りです。
梅の花は厳冬の中で咲き誇ります。
貴方の人生も苦難を乗り越え花が咲くよう祈願致しております。
肌身離さずお持ちください。」

梅の花と人生を重ね合わせてある…。

実家の庭で咲き誇る梅の花が見たくなりました。

***

【 時詠み 】
★ 生年月日統計学による「マイパーソナルカレンダー」より(すべての方に当てはまるものではありません。)

《 6月4日 》

▼ ホロスコープ(西洋占星術)では?

● 仕事上、大きな利益がある時期。
… 私の「木星」と天空の「冥王星」が60度

● 独立心がとても高まる時期。
… 私の「月」と天空の「天王星」が0度

● 今の環境に自由と興奮がない場合はそこから逃げ出したくなる時期。
… 私の「金星」と天空の「天王星」が90度

▼ 四柱推命では?

●「絶好調」の日(丁巳)

▼ 統計心理学では?

●「プロフィット」の日
… 今までの努力が実り、動けば動くほど収穫がある時。
常に感謝を忘れずに、利益を優先すると良い。

●「フル」の月(節入日前なので5月扱い)
… 体調をいたわりながら、全てにおいて恩返しをしていく時。
気力、体力、金銭を満タンにしておくと良い。

▼ 個性心理學では?

●「成果」の日

●「浪費」の月(節入日前なので5月扱い)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。