【 個人セッション 】:外資系製薬メーカーのMRさんの鑑定

2015年9月21日(日)は、外資系製薬メーカーのMR(医薬情報担当者)さん(仮に、Iさんとします。)の鑑定をさせていただきました。

Iさんは前職(私立薬科大学職員)時代、スゴ腕・学生スタッフとして一緒に仕事をしてくれた学生さん(当時)です。

具体的には、6年次に就活応援スタッフ(6年生内定者)の幹部スタッフ(スゴ腕・5名)として、「就活応援セミナー」という前例のないイベントを年5回、1年にわたって企画・運営・実施をしてくれました。

このプロジェクトに関して、私は楽しい思い出しかありません\(^o^)/

どの瞬間を切り取っても最高でした\(^o^)/

楽しすぎました\(^o^)/

当時の学生スタッフと「仕事」を通して得た “信頼関係“ や “絆” は一生モノの財産ですヽ(*´∀`)ノ

さて、そんなIさんとは卒業式以来、1年半ぶりの再会!!

今回の個人セッションのポイントを一言で表現すると、

「何を言うか」よりも「誰が言うか」。

セッション終了後にIさんからいただいたフィードバックは、以下のとおりです。
(ご本人の許可を得て掲載させていただいております。)

《良かった点》

● 自分の深層心理に気づくことができた点。

● 自分の考えの後押しをしてもらえたこと。

《コメント》

● 自分にとってそれなりに大きいかもしれない分岐点にある今、いがらしさんからアドバイスいただけたのは本当に大きいなと思いました。

● 本当に充実した時間を過ごさせていただきました。

● ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

こちらこそ、Iさんに「個人セッション 体験チケット」をお渡ししたところ、その場で「明日使ってもいいですか?」とおっしゃっていただいて、とってもとってもうれしかったです (=´∀`)人(´∀`=)
(⇨ 結局、チケットをお渡しした当日に時間と場所の都合がつきましたので、すぐに使っていただくことができました!)

また、ターニングポイントとなる決断に関わることができて光栄です。

これからも、Iさんの人生を応援しています!

(ご参考)
work
お客さまの声
お問い合わせ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。