【 LIVE 】YUKI concert tour “ Blink Blink ” 2017 @ 日本ガイシホール 1日目

【 LIVE 】YUKI concert tour “ Blink Blink ” 2017 @ 日本ガイシホール 1日目

★ 画像は、2日目(6月8日)のものです。

YUKI ソロ15周年(歌手としては23年)記念ツアーが、4月29日(土・祝) 広島グリーンアリーナから7月22日函館アリーナまで、3ヶ月に渡って開催中 。

個人的には、2017年6月7日(水)、8日(木)の日本ガイシホール(名古屋)が今ツアー初参加となった。

全国8カ所13公演中、5~6公演目。

平日開催は、この2daysのみ。

▼ YUKI concert tour “ Blink Blink ” @ 日本ガイシホール 1日目の思い出

ネタバレ注意!!

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

(1) 15年間を振り返る

アコースティックギターを片手に歌う「相思相愛」をBGMに、ソロデビューからの15年を振り返るスライドが大きなスクリーンに映し出された。

すべてがオフショット、メイキングシーンなど、スタッフ目線で撮られた未公開フォト。

撮影者の愛が満ちあふれているあたたかい写真ばかり。

良いスタッフに恵まれているんだな~、、、。

同時に、私の15年間のヒストリーもフラッシュバックしてきて涙腺崩壊。。。

最後、

「15年間  良い時もそうでない時も  いつも一緒にいてくれてありがとう   YUKI(サイン)」

という自筆メッセージで号泣。。。

15年という年月の重みをしみじみ感じた。

(2) 奇跡的な歌声

とにかく声の調子が素晴らしい。

JUDY AND MARY の全盛期を彷彿させた。

いや、むしろ全盛期を超えていたかもしれない。

それぐらい圧倒的で、安定感があった。

これがどれくらい「奇跡」なことか。

この声を維持するために、見えないところでいったいどれほどの努力を重ねているのだろう。

(3) 3列目で聴いた生演奏

名古屋1日目の席は、アリーナ3列目!!!

ステージ上のバンド&ホーン隊&ストリングス=合計20名の演奏者たちによる生音の迫力がすごかった。

スピーカーからではない生演奏の音。

ドラムの振動が床から伝わってきて、身体中に響き続いた。

YUKIちゃん本人の表情も、スクリーンではなく、双眼鏡でもなく、裸眼ではっきりと見える。

生で見ると、近くでみると、オーラが半端ない。

(4) スーパースター

MCで「スーパースターだから!」と言っていたとおり、完璧に「スーパースター」を演じきっていた。

さすが、「表現者」!!!

さすが、プロデビューしてから25年(JUDY AND MARY10年、ソロ15年)!!!

(5) オンリーワンの衣装

いつも楽しみにしているのが、衣装。

唯一無二の独特の世界観。

「個性を発揮する」って、こういうこと!!!

(6) 美しさが際立っていた照明

今ツアーは、照明が非常に美しかった。

♪ 暗闇に追い越され その瞳が曇る日も 星へ続く梯子を登れますように ♪

をイメージしたような、キラキラした梯子の照明が特に印象的。

(「聞き間違い」(最新アルバム「まばたき」に収録)の歌詞)

(7) 前職時代に出会った学生さんと再会

いつもYUKIちゃんのライブでお会いする学生さん。

現在は他大学の大学院に在学中。

初めて出会ったのは、10周年記念ライブ「SOUND OF TEN」@東京ドームの翌日だった。

ツアーTシャツを着ていた学生さんを見つけ、「私も昨日、そのTシャツを買いました!東京ドーム行きました!」と話しかけたのがきっかけ。

もしも5年前のあの時、私が話しかけていなかったら、このご縁はなかったんだよな~、、、

と感慨深かった。

また、今回は「就職が決まりました!」と報告してくれて、うれしかった。

自分以外の方のライフイベントのご報告をきくたびに、確実に月日が流れていることを実感する。

(8) 終演後のスペシャルな時間

名古屋在住の弟と久しぶりに会えた。

弟はいつも家族連れなので、1対1で会う機会はめったにない。

最後に2人で会ったのはいつだろう?

名古屋のセミナーへ日帰り参加したときにランチした時??(2013年1月5日)

落ち着いたお店の個室で、極上の料理に舌鼓。

お忙しいところ時間を割いて、夜遅くまで付き合ってくれてありがとう。

(ご参考)

▼ YUKI web.net

http://www.yukiweb.net

***

時詠み

生年月日統計学による「マイパーソナルカレンダー」より(すべての方に当てはまるものではありません。)

6月7日

ホロスコープ(西洋占星術)では?

人間関係が和やかに進み、とても楽しい時期を過ごせる時期

私の「太陽」と天空の「太陽」が60度

自分の理想に向かって実現しやすい時期

私の「土星」と天空の「海王星」が120

 

四柱推命では?

「休息」の日(乙丑)

個性心理學では?

「焦燥」の日

「投資」の月(6月)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。