【 LIVE 】back number「All Our Yesterdays Tour 2017」 @ 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 1日目

【 LIVE 】back number「All Our Yesterdays Tour 2017」 @ 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 1日目

「売れる」って、こういうことなんだな~。

これが今回の素直な感想。

back number にとって新潟での初アリーナ。

同じ新潟会場での動員数を昨年度と比較すると、いかに大躍進を遂げたのかが一目瞭然。

《昨年》:1,730人 (新潟県民会館)

  ↓ ↓ ↓ 

《今年》:約10,000人 × 2日間 = 約20,000人(朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター)

ステージセット、映像、照明、演出、スタッフの数、etc•••••••

とにかく視覚的に、昨年のLIVEとはスケールが全っ然っ違う!!!

警備会社だけで3社入っているそう!!

予算規模はいったい何倍になったのだろう???と何度も頭をよぎった。

オーディエンスも、ど頭からクライマックスのような盛り上がり。

「ステージが変わる」って、こういうことなんだな~。。。

ご本人たちも、

「去年は新潟県民会館(1,730席)でやらせていただいて、その時はこの高いビル(朱鷺メッセ)の展望室に登りに来た。」

「群馬出身の俺たちが、朱鷺メッセ(約10,000人)で2日間もやらせてもらえるなんて。。。」

と感慨深げだった。

実際、新潟(=決して交通が便利ではない)で2日間、約20,000人を動員するのはスゴイことだと思う。

また、今回は年末にリリースされたベストアルバム「アンコール」のツアーだったので、セットリスト(選曲)もヒット曲のオンパレード!

「今が勝負時」という意気込みが伝わってきた。

年末年始にベストアルバムのプロモーションでテレビに出まくったことで認知度が上がり、新規ファンも開拓できたことだろうし、このタイミングで「ベスト選曲のツアー」を行うことでますます売れていくように感じた。

***

個人的にも、この新潟LIVE2daysは一生忘れられない思い出になりそう。

まず、2日目の席が最前列・1列目・中央\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

また、1日目の終演後には私の故郷(山形県鶴岡市)から来ていた2人組と出会い、意気投合!

驚いたことに、出会ってすぐにお仕事のお申し込みをいただいた!

5月に東京に来る予定があるので、個人セッションを受けてくださるとのこと!

私の出身校が「六小 → 一中 → 南高」ということで信頼してくださったご様子だった。

さらに、宿泊先も同じ(会場直結のホテル日航新潟)だったため、引き続きお部屋でおしゃべり(人生相談)。

まさか新潟のLIVE会場で鶴岡の方と出会い、お仕事のご依頼をいただくなんて、夢にも思っていなかった展開にただただ驚き。

(ご参考)

▼ back number official web site

http://backnumber.info

***

  【 時詠み 】

★ 生年月日統計学による「マイパーソナルカレンダー」より(すべての方に当てはまるものではありません。)

《 4月29日 》

▼ ホロスコープ(西洋占星術)では?

金運が向上している時期

私の「太陽」と天空の「木星」が60

● 心に落ち着きがなくなる時期

… 私の「天王星」と天空の「水星」が180度

● 自分の理想に向かって実現しやすい時期

… 私の「土星」と天空の「海王星」が120度

● 仕事に楽しさややりがいを感じにくい時期

… 私の「MC」と天空の「土星」が90度

   

▼ 四柱推命では?

●「夜明け」の日(丙戌)

▼ 個性心理學では?

●「投資」の日

●「調整」の月(4月)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。