【 LIVE 】:TAK MATSUMOTO(B’z)& DANIEL HO @ BLUE NOTE TOKYO

【 LIVE 】:TAK MATSUMOTO(B’z)& DANIEL HO @ BLUE NOTE TOKYO

人生初の ブルーノート東京。

キャパは、わずか280席!!!

いままでに参加したどのライブハウスよりも小さくて、超至近距離!!!

おしゃれな雰囲気の中で、着席して、カクテルとお食事をいただきながら極上の音楽を楽しむのが、松本さんスタイル。

20日前の INABA/SALAS @ ZEPP TOKYO とのギャップが、B’zの魅力。

ブルーノート東京にはクロークがあり、そこにコートを預けることができた。

ホール、アリーナ、スタジアム、ドーム公演とは違うおしゃれな会場、初めての着席&飲食スタイルに少々とまどう。。。

 

グッズも購入して、

ガチャガチャも回して(←おしゃれなブルーノート東京には違和感 (^^;;))、

いよいよスタート。

チケット+身分証明書による本人確認が厳しかった!

1992年~現在まで松本さんがテーマ曲を担当しているミュージックステーションから、お花。

キャパは、わずか280席!!!

いままでに参加したどのライブハウスよりも小さくて、超至近距離!!!

★ 公演の前後は、撮影OKでした!

公演限定スペシャルメニュー

松本さんのお好みをブルーノート東京がアレンジ

⚫︎ TAK MATSUMOTO SPECIAL MENU

(1) “Electric Island, Acoustic Sea”

~ノルウェー産サーモンとブラータチーズのピザ~

L.A.で気に入っているピザを気軽につまめるメニューにという松本さんのリクエストを元にブルーノートが提案する一品。

スモークサーモンとブラータチーズ、自家製トマトソースを使用した本公演限定のスペシャルピザ

(2) omotesando

L.A.で見つけたオーガニックのウォッカ“PRAIRIE”(プレイリー)

そのプレイリーを使用したスペシャルカクテル。

《 Vodka“PRAIRIE”,Ginger,Lemon,Yuzu,Soda 》

★ なんと!公演の前後は撮影OK!

 

★ LIVE中の写真は、B’z公式がリリースしたものをいただきました。

初めてのブルーノート東京で、たくさんの驚きや新鮮さと出会い、豊かな時間を過ごして感じたこと。

それは、人生をより濃く、彩り鮮やかなものにするためには、

「新しいこと、やったことのないことにチャレンジすること」

が必要不可欠だということ。

時間とは命。命とは時間

時間をどう過ごすかによって、得られる人生の充足感、満足感はまったく異なるのです。

***

時詠み

生年月日統計学による「マイパーソナルカレンダー」より(すべての方に当てはまるものではありません。)

226

個性心理學では?

調整」の日

「活動」の月(2月)

成果」の年(2017年)

ホロスコープ(西洋占星術)では?

仕事に楽しさややりがいを感じにくい時期

私の「MC」と天空の「土星」が90

いまの環境に自由と興奮がない場合はそこから逃げ出したくなる時期

私の「金星」と天空の「天王星」が90

四柱推命では?

「陰徳」の日(甲申)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。