【 時詠み 】:スペースシャワーTV「back number SPECIAL」出演の意味について

【 時詠み 】:スペースシャワーTV「back number SPECIAL」出演の意味について

151210

昨日(2015年12月9日)の渋谷のタワーレコードさん、TSUTAYAさんに引き続き、本日は新宿のタワーレコードさんに行ってきました!

▼ 昨日(2015年12月9日)
「12/9 back number 5th アルバム『シャンデリア』リリース!」
http://masako-i.net/blog/151209

目的は、back number のニューアルバム『シャンデリア』のフラゲ日(12月8日)に back number が店舗挨拶にまわられた際のサイン、ポラ、直筆メッセージなどを見るためです\(^o^)/

また、ラジオ「back number のオールナイトニッポン」で「今回久しぶりに店舗挨拶に行ったんですけど、いいもんですねー。感動しました!」とおっしゃっていましたので、こんな機会はめったにないと思ったからです\(^o^)/

特筆すべきは、新宿のタワーレコードさんにのみ「発売記念パネル展示」なるものがありました\(^o^)/

(ご参考)

▼ 2015年12月8日 14:46 back number (公式)

『今日はニューアルバム『シャンデリア』店着日ということで、渋谷のタワーレコードさんとTSUTAYAさんに挨拶に行ってきました!色んなところにサインをしてきたので是非お立ち寄りください!』
https://www.facebook.com/backnumberofficial/posts/1000275916703677

▼ 2015年12月8日 15:19 back number (公式)

『新宿のタワーレコードさんにもお邪魔しました!どこも大きく展開してくれていて本当に嬉しいです!たくさんの人の元に『シャンデリア』が届きますように!!』
https://www.facebook.com/backnumberofficial/photos/a.809508152447122.1073741829.605809812816958/1000283983369537/?type=3&theater
***

行き・帰りの電車の中で、今年の5月24日(日)にスペースシャワーTV で放送された「back number SPECIAL SISTERリリース記念!~SISTERと行くスペ車ツアー~」に出演させていただいた時のことを振り返っていました。

私にとって、この出来事はどのような意味があったのでしょうか?

一般の方にも比較的分かりやすい個性心理學の「トキのリズム」を使って検証してみたいと思います。

私にとって、今年(2015年)は『焦燥』の年。

一般的には決して順風満帆なトキではありません。

しかしながら、今まで自分を縛りつけていた環境から力づくで脱皮し、大胆に行動することで成功の可能性があるトキでもあります。

だからこそ、アクションを起こす際は「トキ」を詠んでベストなタイミングで行動することを常に心がけていました。

そんな私に「ほめ達!協会」からテレビ出演オファーが来た5月は、『学習』の月。

文字通り、「何事も吸収し、学ぶ」という姿勢を大切にして努力するトキです。

1日単位の「トキのリズム」でみますと、テレビ出演オファーがきた5月5日は『学習』の日。

すなわち、『学習』の月の『学習』の日。

正直に申し上げますと、私はこのお話をいただいた時、少々困惑しました。なぜならば、「ほめ達!認定講師」として表舞台で活動する意志が弱くなっていたからです。

しかし、その直後に「ほめ達!協会」あてにFAXをするためにコンビニへ行ったところ、FAXの目の前にあった「ぴあ」の表紙が「back number」だっため、このシンクロは「チャレンジ!」というメッセージだなと思いお受けすることにいたしました。

それから収録までの約5日間でとった具体的な行動は、以下のとおりです。

(1) 自分の直感を信じて 、「あの人は back number のことを好きそうだな」、「情報を持っていそうだな」とピンときた前職時代の学生さん(当時)に連絡をとり、back number の魅力を教わる。

(2) 上記(1) の学生さんの中に「僕は好きすぎてファンクラブです!」という方を発見!!!親切・丁寧に教えていただく!!!
また、直接レクチャーを受けるべく、日程調整。

(3) ミニアルバム+アルバム(1st~4th)=合計5枚 すべてを購入。歌詞カードを解読しながら聴きまくり。

(4) 私の本業である「生年月日統計学」(複数のツール)を使って、メンバーの素質を鑑定。
特に、「響く言葉」、「言われてうれしいほめ言葉」について仮説を立てる。

(5) 上記(2) の学生さんと1対1で会い、上記(4)で立てた仮説と鑑定した素質等について確認。 また、back number の魅力についてレクチャーを受ける。

(6) 残りの限られた時間の中で何を準備すべきか、「マルセイユタロット」に相談。

そして迎えた収録日。
この5月11日は『成果』の日でした。

計画していたことがすべて実現する最高のトキ!!

一方で、このチャンスを逃さないように、普段の何倍もがんばるトキです!!

当初は収録日の午前中まで合宿の予定があったのですが、それをキャンセルすることとし、万全の準備をして臨むことに変更しました。

他方、ホロスコープ(西洋占星術)でみても、この時期は、仕事上大きな利益がある時期でした。(私の「木星」と天空の「冥王星」が60度)

以上のことより、5月の「back number SPECIAL SISTERリリース記念!~SISTERと行くスペ車ツアー~」出演について「トキのリズム」からみると、

「仕事面で、何事も吸収し、学び、成長する機会だった」

と論理的に意味づけることができます。

また、今回の限られた時間の中でベストを尽くした経験は、来年以降の『開花期』・『収穫期』においてきっと役立つことでしょう。

そして、この出会いやご縁をどう生かしていくかは自分次第。

世間の常識や他人の言動、価値観に振り回されず、自分の直感や感性を信じて真っ直ぐに進んでいこうと思います。

(ご参考)
work
お客さまの声
個人セッション
お問い合わせ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。