【 講座 】マルセイユタロット中級講座(再受講)

【 講座 】マルセイユタロット中級講座(再受講)

dsc09088

写真は、1年半前に初めて受講した時にいただいた修了証書

2016年12月19日(月)~20日(火)は、1年半前(2015年5月)に受講した「マルセイユタロット中級講座」を再受講。

そもそも、私が受けた一連の「タロット講座」(初級・中級・上級・パスワーク)は2015年で完結しており、「もうやりません。」と公言されていた。

ところが、2016年4月8日(牡羊座・新月)にタロットの先生及び仲間たちと一緒につくったドリームマップに「タロットマンダラ」をデカデカと貼っていたところ、2016年中に「タロット講座」が再び開講されることとなり、

・初級(再受講)

・初級(再々受講)

・中級(再受講)

と、思いがけず学びを深めることができた。

おそるべし、ドリームマップ(((o(*゜▽゜*)o)))

さて、今回の「マルセイユタロット中級講座」(再受講)でのポイントは、主に以下の2つ。

▼ 気づきと学び(2つ)

(1) 自分の成長を確認することができた。

1年半前に小アルカナ(タロットの一組78枚のうち、56枚を構成する組)の世界を知ってから、タロットがますます大好きになり、主に自分の問題解決のために使ってきた。

日常の小さな選択から、人生を大きく変える決断まで。

誰に何と言われようと、自分の信じた道を突き進んできた。

特にありがたかったのは、悩んでいる時、苦難の時、孤独な時に、的確なメッセージをくださること。

タロットは、『自分の内面(潜在意識)を映し出す鏡(ツール)』。

私にとっては、なんでも相談できる親友であり、最強のビジネスコンサルタント

一緒に未来を切り拓くたびに信頼関係が深まり、リーディング力も上がってきたように感じている。

(2) 新しい方向性が見えた。

それでも、自分のことはよみにくい。

心理的な問題であればあるほど、よみにくい。

今回の講座でもワークの時間がたくさん設けられており、自分で立てた質問をみんなでリーディングし合ったのだが、このメッセージがどれもこれも衝撃的だった!!!

自分にとっては想定外のことばかりだったため、最初はかなり混乱した。

しかし、他の受講生のみなさんからのフィードバックによると、客観的には違和感がないことらしい。

行動すれば仕事の幅が広がり、ステージが変わるとのこと。

素直にやってみよう。

***

時詠み

生年月日統計学による「マイパーソナルカレンダー」より(すべての方に当てはまるものではありません。)

1220

ホロスコープ(西洋占星術)では?

  水星逆行

  常に客観的視点を持ち、相手の意見をできる限り聞くように努力すべき時期。

  私の「MC」と天空の「太陽」が90

個性心理學では?

「投資」の日

「整理」の月(12月)

四柱推命では?

「決意」の日(丙子)

***

(ご参考)

work(いがらしまさこ)

http://masako-i.net/work

お客さまの声(いがらしまさこ)

http://masako-i.net/voice

個人セッション(いがらしまさこ)

http://ameblo.jp/light-life-concierge/themeentrylist-10092399851.html

お問い合わせ

http://masako-i.net/contact



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。