【 Blog 】: 「星薬会報」

【 Blog 】: 「星薬会報」

140201 星薬同窓会報「恋するフォーチュンクッキー」(600KB) のコピー

【 「星薬 OPEN CAMPUS スタッフ 同窓会☆彡」の企画をしていたところ、ふと、この記事のことを思い出しました。】

2014年2月1日付発行「星薬会報(同窓会会報)」の1面に、動画『恋するフォーチュンクッキー ~星薬科大学 Ver.~』制作責任者の学生さん(卒業パーティー委員会委員長)の文章が掲載されました。

この中で、この学生さんは私のことを結構(約30行も!!!)書いてくれたのです・゜( ノ∀`)・゜

学長にも「あなたのこと、結構書いてあるねん(*^_^*)」とおっしゃっていただきました!!!

このため、学長室を出た後この学生さんが勉強している自習室へ直行しまして、お礼の言葉を伝えましたヽ(;▽;)ノ

この会報がリリースされた2014年2月初旬、私は学生スタッフ(就活応援スタッフ)主催の講演会を企画していました。

急なイベントで、しかも本学では前例のない講師及び内容だったため、辛い経験が次から次へと重なり非常に苦労しておりました(⊃ω⊂).。.:*。

(結果として、その講演会は、私が退職を決意する引き金となっております。)

そのような状況の中でこの記事を読みましたので、「分かってくれている人がいる。。゚(゚´ω`゚)゚。」と魂が震えるくらい感動しました。

うれしくて、何度も何度も読み返しました。

このことを忘れないように、自分用の備忘録としてアップさせていただきます。

***

「本学では学内の種々のイベントや活動に学生が介入しやすく、我々の先輩方が行った学生主体の様々な活動が、結果として非常に高い評価を得ています。」

「例えば、オープンキャンパスへの学生スタッフの導入により、キャンパスツアーや入試相談などを通じて、星薬科大学に通う学生の生の声やアットホームな雰囲気を参加した学生に伝えることが出来るようになり、参加された学生の意見からもしっかりと伝わっている事がわかっています。」

「他には、就職セミナーへも学生スタッフが介入し、就職活動を経験した先輩方の貴重な意見や実体験を聞く事ができるイベントも昨年より開催しております。今年度もすでに6年生の学生スタッフにより就職セミナーが行われ、100人以上の在校生に参加頂き、好評なイベントを遂行することができました。」

「このような学生主体の活動がよりよい形で先輩から後輩へ受け継がれていくように、今回我々は広報という新たな切り口で活動の幅を広げました。」

▼参考動画『恋するフォーチュンクッキー ~星薬科大学 Ver.~』



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。