【 時詠み 】:2015年7月29日(頂点)

【 時詠み 】:2015年7月29日(頂点)

DSC04424

【 時詠み:2015年7月29日(頂点)】

※ ご注意!
画像は、私の生年月日に基づいて作成された、『私のための』四柱推命カレンダーです。
よって、すべての方に当てはまるものではございません。
また、以下の情報も同様で、すべての方に当てはまるものではございません。

★ この日に起きた出来事

「四柱推命上級鑑定師養成講座」の第1回目の講義の日でした。
日本唯一の鑑定師・鳥海伯翠先生と初めてお会いし、マンツーマンで講義を受けました。

★ バースデーサイエンス(生年月日統計学)でみた、私のこの日の星まわり

⚫︎ 四柱推命では?

「頂点」の日

⚫︎ 数秘術では?

仕事、金運面でうれしいご褒美が訪れそうな日!!!
お金であっても、モノであっても、賞賛や感謝などの精神的なものであっても、やってきたものは遠慮せず、喜びとともに受け取りましょう。

⚫︎ 西洋占星術(ホロスコープ)では?

発表・意見・アイディアの交換には5つ星をつけたいほどの良い日。
完璧に近いほどのコミュニケーション能力を発揮します。
会議や交渉において、有利に話をすることができます。
(自分の「Asc」と天空の「水星」が120度)

⚫︎ マヤ暦では?

KIN117
「赤い地球」… 共時性、シンクロ二シティ、心の連帯
「赤い蛇」… 本能、血と情熱、コントロールの力

⚫︎ 個性心理學では?

「投資」の日

★ 気づき

鳥海伯翠先生の「四柱推命講座」については、「いつか学べたらいいな~」とは思っておりましたが、特に強く願っていたわけではありませんでした。

ところが、「6月16日」の新月(双子座)の日に鳥海先生のお弟子さんから鑑定していただくご縁をいただき、そこからトントン拍子で話が進み、「6月30日」の夜には先生にご紹介していただき、受講が決定します。

(ちなみに、話が脱線してしまいますが、この「6月30日」の夜も、祝福に満ちた星の配置で、何かをスタートさせるのに良い時でした。

具体的には、獅子座に金星(愛)と木星(幸運と拡大)が並んで配置されており、そのそばには獅子座の王者の星レグルスもありました。

このため、もっと発展させたいことや、もっと学びたい、もっと良い関係にしたいなど、「もっと~!」という願望が強いことでのスタートにすごく適している時でした。

一方、東洋の暦でみても「成果」の日でした。

以上、脱線終わりです。)

そして、その講座の開講日がなんと、「7月29日」になったのでした。

この「7月29日」の意味はどの鑑定ツールでみてもラッキーなものばかりですが、私は特に、「数秘術」による「仕事、金運面でうれしいご褒美」という言葉が一番しっくりきました。

自分の仕事のツールとして、「四柱推命」も活用していきたいです!!

【 ご参考 】

「四柱推命」(しちゅうすいめい)とは?

中国で陰陽五行説を元にして生まれた人の命運を推察する統計学。その精度の高さから、「占いの帝王」と呼ばれています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。